現場ブログ

冬に向けて機器のメンテナンス

こんにちは。

八戸市のハウスメーカーの『タナカホーム』お客様サービスチームの野坂です。

11月の声とともに紅葉が山から街に降りてきて朝晩は暖房が欠かせなくなりましたね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日は冬に向けての機器のメンテナンスのお話をしてみたいと思います。

まず24時間換気のフィルターが外付けになっている方は寒くなる前にカバーを開けて汚れの確認をしてみましょう。手がかじかんでカバーが上手く外れないなんて事にならないうちにフィルターもスッキリしてしまいましょう!

次はエコキュートとエアコンの室外機のプロペラ廻りにゴミ等が絡まっていないか覗いてみて下さい。(プロペラが回っている時は見るだけにしてくださいね!)雪が降るとゴミにつららが出来て悪さをする場合があります。変だなという時はご連絡ください。

もう一つご確認をお願いしたいのは、エコキュートの配管の凍結防止のヒーターのコンセントです。万が一にも抜けていると今年の冬、間違いなく凍ってしまいます。

なんと言っても冬に一番困るのは凍結!それもエコキュートの凍結では?

①浴槽のお湯(お水)を冬場は抜かないこと

②真冬日(日中もマイナスの気温日)時はお出かけの際もエアコンを切らずに

③最低気温が-4度以下の日はエアコンをつけっぱなしでお休みになること

をお願い致します。寒い日が続くとメーカーの修理も2~3週間なんてこともありますので予防に越したことはないです。

昨年末から今年の年明けの寒波では吹き付けた雪でエアコンの室外機が凍結したということもありました。。。

、、、想像してください!お部屋が寒い上にお湯が使えないなんて、、、

雪もたくさん降ると室外機や雨樋を凍らせたりということの他にも例えば建物の中の換気を妨げたりという事もあります。基礎と外壁の間には外壁の裏側に抜ける簡単に言うと通気口を設けてあります。建物の基礎部分を超える程の雪が降った時は建物側から早めにどけてあげて下さいね!

本格的な寒さがやってくる前に暖房器具や給湯器等々がなんだか今年は温まりにくいなぁとお困りなお客様はお気軽にタナカホームにお問合せ下さいませ。

皆様の暖かく快適な毎日をお手伝いいたします。