現場ブログ

地盤補強について⛑

皆さんこんにちは。八戸のハウスメーカー・タナカホーム 工務課の藤井です。

先日は中秋の名月と満月が8年ぶりに一致する日でしたが、

皆さん満月を見ることは出来ましたか?

来年、再来年も日付は一致するそうですが、

その次に一致するのは9年後の2030年になるそうです。

さて、今回は地盤補強についてお話させて頂きたいと思います。

家🏠を建てる時、まず、地盤調査を行います。

なぜ地盤調査をするかというと、

地盤が弱いと建物が傾いてしまったり、最悪、建物が倒壊する恐れがあるためです。

それを未然に防ぐため地盤調査を行います。

地盤調査を行い、その結果が良ければ地盤補強は行いませんが、

結果次第では、地盤補強工事を行います。

タナカホームでは主にパイル工事を行っており、

変十角形のパイルを地盤に押し込んで建物を支えます。

先端部分の抵抗力と周辺部分の摩擦抵抗力で建物を支えます。

施工風景を見てみるとなかなか迫力があります。

他にも地盤補強工事には種類があり、

セメントと表層部分の柔らかい土を混ぜて土を固める表層地盤改良や、

建物の重量と同等の土を取り除き、そこに改良剤を敷き詰めて、地盤を軽くし、建物の支持力を確保する置換工法など、調べると様々な工法が出てきますよ❕

今回は地盤の補強工事についてご紹介させていただきました。

お家を建てる際は、是非、地盤についても考慮してくださいね。

不安な時は、遠慮なくご相談ください。

また、実際の工事が見てみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せください。

今回は工務課の藤井がお送りさせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました☻