現場ブログ

金物について🔨

こんにちは。八戸市の工務店 タナカホーム 工務課の玉沢です。

天気のいい日が続くとGW直前ということもあり、ワクワクがとまりませんね😊

やりたいことがたくさんあるので、todoリストを作って完璧なGWにしたいと意気込んでおります🎵

さて、今回は金物についてお話ししたいと思います!

住宅を建築するにあたって、たくさんの金物を使用しておりますが、今回ご紹介するのは耐震金物についてです。

DIT制振筋違い金物は第一工業大学・横浜国立大学が開発した高減衰ゴム付きの壁倍率2倍用筋交い金物です。

筋交いの損傷を防ぐ効果を発揮して、本震にもその後の余震や繰り返しの地震にも強い家づくりを、優れたパフォーマンスで可能とした金物です。

この金物を一棟あたり20個使用して施工しております。

木造軸組み工法のかなめである柱と梁と土台の接合部を高い強度と精度でつなぐ金物工法ですが、大工さんの減少や高齢化に伴い、安全でスピーディーな施工のニーズが高まってきたことも背景にあり、生産性の向上が期待されているようです。

▼現場での施工例

お客様に快適にそして安全にお住まいいただくために、1個1個の金物を吟味し使用しております!

こちらの金物について詳しく知りたい方は、メーカーのHPに掲載されておりますので参考にしてみてください。

最近も週末になると、各地で地震が多発しており不安に思っている方も多いですよね…

これから新築を計画される方、そして今現在マイホームにお住まいの方も

どんな工法があるのか☝ 耐震性は大丈夫か☝ など、建築会社によって様々あると思いますので、ご自分の目で現場を見て・知識をつけて、信頼できる会社で 

家づくりは幸せづくり 始めてくださいね😊

では、色々と気を遣いながら・対策をしながらになると思いますが、素敵なGWをお過ごしください✨

海に(^^♪ 山に(^^♪ バーベキュー(^^♪