家づくりお役立ちコラム 家づくりお役立ちコラム
Vol. 028
2016.01.08

三沢の新築住宅の間取り失敗例③

昨今の三沢は開放的な作りの住宅が増えています。いかにして広い空間を演出できるかというところに重点を置いて、壁の数を少なくして吹き抜けなど作り開放的に見せるのが人気です。ですがこのことで失敗してしまっているということも少なくありません。
新築住宅では、広いリビングを作るために、キッチンや隣接する和室などを仕切りをなくして繋げて作っている家があります。ですが、壁がないことで今度は家具の置き場所に困ってしまうのです。収納ダンスはもちろんですが、テレビなども設置場所に迷ってしまいます。また、リビングとキッチンをつなげてしまうことで、キッチンから発生する匂いが寛ぎの空間に広がってしまうという例もあります。料理のいい香りが漂うリビングというのは素敵ですが、来客があった場合お迎えすることの多いリビングにそういった匂いが充満してしまうのは避けたいものです。それにリビングを広く取りすぎてしまって他の部屋の大きさを圧迫してしまったという後悔も少なくありません。
三沢では欧米の家のように建物が大きくありません。気軽にリフォームすることもできませんので、敷地に対してどういったスペースを確保するのかよく考えて間取りを決めましょう。

一覧に戻る
価格以上のお値打ち高品質住宅の秘密がわかる。人気資料請求ベスト3無料プレゼント!資料請求はこちら 土日も平日もお気軽にお越しください。モデルハウスご見学イベント来場・ご相談。来場予約はこちら