家づくりお役立ちコラム 家づくりお役立ちコラム
Vol. 023
2016.01.08

十和田の新築住宅のおすすめ間取り

十和田市の新築間取りのおすすめは、家族の生活動線を考えて動きに無駄の出ない家です。

たとえば洗面所とトイレの距離は近いほうがいいですし、玄関から客間へスムーズに移動できることも重要です。テレビを置く予定の場所付近には頻繁に移動が必要となる設備の設置を避けて観ている人の妨げになるようなことはないか、子供が引きこもってしまわないように顔を合わせられる部屋の配置にしてあるかなど、考えるべきことはたくさんあります。まずは平面図で大まかな部屋の配置を書いてみて、自分や家族の動きを把握してみるのがいいでしょう。

また、限られた敷地面積を有効に使えている家かどうかもポイントになります。居住空間を広くするために上手に収納スペースを確保することができているかというのも大切です。収納スペースは、配置によっては空間を圧迫してしまうことが少なくありません。いわゆるデッドスペースを減らして、収納に当てられている間取りがおすすめです。

日本の住宅事情では、家の敷地面積自体を広く取れないというケースが少なくありません。そんな中でも、できる限り空間を広く使うことができている家を見つけるようにしましょう。

一覧に戻る
価格以上のお値打ち高品質住宅の秘密がわかる。人気資料請求ベスト3無料プレゼント!資料請求はこちら 土日も平日もお気軽にお越しください。モデルハウスご見学イベント来場・ご相談。来場予約はこちら