八戸店ブログ

八戸店ブログ

ヒートショックを起こさないための家づくり

95views

アイキャッチ

こんにちは!

八戸市の工務店、タナカホーム八戸店です。

皆様は、『ヒートショック』という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?ヒートショックは、近年社会問題にもなっており、安全なはずのご自宅内で高齢者の死亡事故を引き起こしてしまう非常に恐ろしい現象なのです。このヒートショックは、急激な温度差によって血圧が大きく上下してしまうことから、血管や心臓に負担がかかってしまいさまざまな健康障害を引き起こすものです。例えば、冬場などでご家族が快適に過ごすため暖房で温められたリビングなどから、冷え切った浴室やトイレなどに移動する場合などに引き起こされるケースが多く、特に高齢者ほどヒートショックが起こる確率が高くなると言われています。

高断熱の住宅をつくる

まず、ヒートショック対策を考えた場合の家づくりで、最も考えておきたいのが高断熱の住宅を作るということです。高断熱住宅は、外壁や内壁の間に断熱材を充填したり、断熱性が高い窓を採用することにより、住宅全体の断熱性能を上げるものです。
『断熱』とは、文字通り「熱を遮断する!」という意味ですので、高断熱住宅は冬場のヒートショック対策になるだけでなく、夏場に外気温の影響を受けてエアコンが効きにくい…室内の気温が上がってしまう…なんてことを防いでくれるのです。
高断熱住宅を実現すれば、季節関係なく室内の快適な温度を保つことが可能になり、ヒートショックの可能性を下げてくれるようになるでしょう。

浴室のヒートショック対策

ヒートショックが非常に起きやすいと言われるのは、住宅の中でも浴室や脱衣所です。今まで暖かかったリビングにいた人が、脱衣所や浴室の寒さでヒートショックを発症してしまうのです。したがって、浴室に対するヒートショック対策は非常に重要だと言えます。
例えば、浴室に導入するバスは細心のユニットバスなどを選べば、それだけで浴室内の暖かさが格段に違うと言われています。さらに最近では、浴室暖房機の導入をヒートショック対策で導入する方が増えています。お風呂は水を使う場所ですので、持ち運びができるとは言えヒーターなどを持ち込むことは難しいものです。しかし、ヒートショック対策を考えた場合、あらかじめ浴室内を温めてお風呂に入れるようにするのは非常に有効な対策となるのです。そこで、浴室などの天井に取り付けられる浴室暖房がオススメです。最近の浴室暖房は、乾燥機としても利用できる物がありますので、とても便利に使用できる住宅設備になるはずです。

トイレや脱衣所のヒートショック対策

トイレや脱衣所は暖房設備をつける方も少なく、ヒートショックの可能性が高い場所として有名です。したがって、浴室のヒートショック対策に合わせて、洗面脱衣所などにも気温差を無くす暖房機を設置するのがオススメです。
トイレに関しては、便座の冷たさでヒートショックになってしまう危険があるとも言われていますので、温水洗浄便座機能付きのトイレを導入しておくのがオススメです。
なお、トイレや洗面脱衣所のヒートショック対策としては、コンセントを追加しておくだけでも効果的です。自由に使えるコンセントがあれば、持ち運びできるヒーターを冬場だけ設置することが可能ですので、とても便利になります。

ヒートショックは、部屋を移動する際の『気温差』が大きな原因ですので、できる限り「高気密・高断熱の家」を目指すことや、寒くなりがちな脱衣所・浴室・トイレなどの暖房対策が重要になります。

詳しいお話を聞きたい方はタナカホーム八戸店までお越しください。皆様のご来場をお待ちしております。

次回もよろしくお願いします。

カテゴリー: 八戸店ブログ

注文住宅の施工事例を見る