おいらせ店ブログ

気密測定実施しました🌟

八戸市の工務店\家づくりは幸せづくり/

タナカホーム🍀おいらせ店の、吉田です(*´-`)☕️

こんにちは〜!

ずいぶんと、お久しぶりでございます💦

タナカホーム🍀ブログで我が道をゆく(?)

新人、吉田でございますが‥

まだしばらく

ブログ担当でございます

おうちづくりについて、少しずつ

ご紹介して参ります🌟\\\\٩( ‘ω’ )و ////

さて、先日、おいらせ店の展示場

cocoti-ieにて、気密測定が行われました🌟

岩手県から、持ち込まれました

こちらの機械で気密性能を測定します

測定方法は、この機械から室内の空気を外に出して

室内にテンションを掛けて隙間の量を測定します。

相当すき間面積=C値といいます。

C値が低ければ低いほど、

隙間が少なく高気密な家!!となります🌟

国が定めた次世代エネルギー基準に該当する住宅のC値は‥

III地域以南で5㎠/㎡ 以下

(宮城、山形、福島、栃木、など)

I地域、II地域で2㎠/㎡ 以下

(  I地域は北海道、II地域は青森県、岩手県、秋田県)

と、規定されてます。

寒い地域☃️で家を建てるなら
C値がより低い住宅を建てることが

重要なんですね。

いたって静かに計測がなされました

(10分くらいがすごく長く感じられ‥)

さて、おいらせ店の展示場

cocoti-ie(ココチイエ)ですが‥

気になる測定結果は‥❓(゚o゚;;

なんと、0.3㎠/㎡!

吉田びっくりでございました‥

すごく隙間が少ないのですね🌟

業者さんも『すごく良い結果ですね!』

とおっしゃっていました(=´∀`)

【高断熱・高気密なエコ住宅】

夏は涼しく、冬は暖かく暮らしたい。

そんな想いを叶えるため、タナカホームの家は

高断熱・高気密なエコな家です。

最も断熱効果のある開口部(窓)では

樹脂製トリプルサッシを。

また、屋根、天井、壁、基礎には

高性能な断熱材を使用しています。

高断熱・高気密な家であれば、冷暖房の使用を

抑えエコロジーな生活を営むことが出来ます。