公式ブログ

【スタッフ紹介】住宅会社の仕事は「天職」 家づくりは幸せづくりを日々実感

こんにちは、八戸市の工務店 タナカホームです。

今回ご紹介する工務部石井洋さんです。

子どもの頃の夢と言えば、サッカー選手とか、学校の先生などが一般的ですよね。石井さんは「自分で考えた自分の家を建てること」だったそうです。そんな彼にとって住宅会社の仕事はまさに天職だったようです。もちろんマイホームもタナカホーム製、ついに夢を叶えました!

今は2児のパパで、子どもと遊ぶのが何よりも楽しみという子煩悩でも有名です。

以下は、石井さんへのインタビューです。

Q入社したきっかけは?
中学生の頃から自分の家を建てるのが夢で、建築系の学校を卒業し、設計事務所に勤務した後、当社に入社しました。タナカホームの家づくりの考え方を知り、自分の家を建てるならここで建てたいと思ったというのが、一番の理由です。

Q工務部では主にどんな業務を担当していますか?
分譲住宅を建築する際、土地の造成を行ったり、工程を管理したりしています。

Q仕事をする上で、心がけていることは?
施主様が家を建てる際、ワクワクした表情だったり、言葉だったりを見聞きしていると、こちらまで楽しくなります。そうした気持ちを大切にして、「お客様第一主義」を心がけています。

Q印象に残っているエピソードは?
数年前リフォームを担当したお客様から「あなたにしか頼まないから」と言っていただいたことですね。ありがたいことに言葉通り、その後もリフォームのご依頼をいただいています。

Q当社の強みはどこにあると思いますか?
営業、設計、インテリアコーディネーター、工務、経理、お客様サービスチームなどそれぞれ自分の業務を理解し、責任感をもって家づくりに携わっていることです。

Q家を建てようとする方へのメッセージを。
「家づくりは幸せづくり」が私たちのモットーです。「家を建ててよかった、幸せ」と思っていただけるようガンバリます!マイホームが欲しいと思ったらぜひタナカホームにご相談ください。