公式ブログ

【施工事例】八戸の賃貸住宅から新築戸建てを購入〜憧れの薪ストーブが使える家

こんにちは、八戸市の工務店 タナカホームです。

私たちは、多くの皆様の家づくりをサポートさせていただいています。

その中で毎回思うことは、お客様それぞれに物語があること。

今回はその一つ、八戸市のS様の物語をご紹介しましょう。

<暖かく、心のやすらぎをくれる薪ストーブのある家を建てたい>

今、薪ストーブやペレットストーブが人気

S様ご夫妻は、お子様と3人暮らし。八戸市内の賃貸戸建て4LDKに住んでいました。

夏場は家に入ってくる虫に悩まされ、冬場は室内が冷えて、光熱費がかかることから、思い切って、家を建てることを決意しました。アウトドアが好きなご夫妻は、マイホームには「薪ストーブを付けたい」という夢ももっていました。

そこで、八戸市内の住宅会社のモデルハウスを見学したところ、「高価な注文住宅ばかりを勧められた」とのこと。約2年間情報収集を行いましたが、土地もなく、資金も限られているため、「自分たちの想いにぴったりの家はなく、もうあきらめるしかないか」と思っていたそうです。

そんな時、たまたまタナカホームを見学したところ、担当者が親身に相談に乗ってくれて、プランニングをしてくれたのだそうです。それがきっかけとなり、当社で家を建てることに。

Sさんの夢をかなえたのは、規格住宅「ピタリエ」33坪タイプです。

もちろん、薪ストーブを付けたいという夢もかなえることができました。

S様からは「気密性が高いので熱が逃げず、薪ストーブをつけると室温が30℃になり、冬でも半そで短パンで過ごせるほど。光熱費もしっかり節約できています。タナカホームさんには、私たちの要望にきめ細かく対応していただき、まさに営業から現場まで「打てば響く住宅会社」です。おかげさまで夢が実現しました」との感想を寄せていただきました。

家づくりの物語の主人公は、お客様自身です。

これからも私たちは、家づくりの物語を紡ぐ、お手伝いをさせていただきます。