公式ブログ

【 省エネ住宅優良企業賞 受賞 】ありがとうございます

こんにちは!

\昭和48年創業の住宅総合企業/

北国のあったかエコ住宅タナカホーム🍀です!

タナカホーム(株)では、2016年の初応募から

たゆまぬ努力を続け、

5年連続で

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』を

受賞することが出来ました。

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』とは‥

一般財団法人日本地域開発センターによる、

省エネルギー性において優れた住宅づくりを

表彰するのが

『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』です。

全国全ての住宅供給会社が応募でき、

住宅の省エネルギー性を競う代表的な表彰制度です。

2020年に、長期優良住宅の省エネ基準が義務化されることや

ZEH(ゼッチ)などの省エネルギー住宅への

関心の高まりにより、応募する企業も年々増加傾向にあります。

そんな中、タナカホーム(株)は、2020年度は

『HIRAYA』と『ピタリエ』の2シリーズが

優秀賞に選ばれました。

そして、長年にわたって入賞を続けていることを受け、

『 省エネ住宅 優良企業賞 』も受賞することが出来ました。

タナカホームは‥

『もし私が100年持つ耐久性の高い家を

建てたなら、子供はもちろん孫の代まで

家を建てなくて済む。私だけがローンを返済すれば

子供や孫はローンの無い暮らしができるのだ。』

そんな思いから、私たちは

〝3世代に渡って住み続けられる家づくり〟を

八戸でスタートさせました。

八戸市で初めての、先進の技術や設備を導入した

〝高断熱・高気密・高資産価値の家づくり〟でした。

その後も、耐久性と省エネ性を追求し

自社独自のの『ベスト工法』を開発し、青森県内初の

『木造住宅合理化システム認定』を取得するなど

研究を重ねております。

そして、近年の原油高騰により〝光熱費のかからないオール電化の家〟が

注目されるようになりました。

そんな中、私たちは一歩も二歩も先を行く技術を採用した

『次世代型オール電化の家』を開発しました。

▶︎省エネルギー性そして断熱性に対する安心

タナカホーム(株)の受賞した

『ハウス・オブ・ザ・イヤー』受賞商品は、

ZEH(ゼッチ)の断熱基準をはるかに大きく超える

UA値=0.32 

という性能値が非常に高い商品です。

よって、低温による家の中で起こる健康被害を予防し、

夏は涼しく冬は暖かい家づくりを実現しています。

省エネルギー性が高いのはもちろんのことですが、

住む人の健康と幸せを守ります。

▶︎手に届く価格の安心

〝価値>価格〟 独自の仕入れルート活用

自社独自の資材、設備等の仕入れルート活用により

仕入れコストを大幅にカットを実現。

タナカホームでは、お客様にわかりやすく

性能の違いをご納得して頂ける為にも

本賞の受賞を毎年目指していきます。

これからも、『価格』以上の『価値』ある住宅づくりをして

着実に一歩一歩、前進いたします。

ありがとうございました。

▲金田一光徳社長