公式ブログ

【5年連続受賞】ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020

こんにちは。八戸市の工務店 タナカホームです。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2020」受賞致しました!

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」とは、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進快適な住まいの実現に貢献することを目指しており、一般財団法人日本地域開発センターが省エネルギー性能の優れた住宅を表彰する制度です。

評価の視点は

①外皮・設備の省エネルギー性能値

②多様な省エネルギー手法の導入および健康、快適性

③省エネルギー住宅の普及への取り組み

この3項目を、建物躯体とエネルギー設備機器をセットとし、総合的に評価します。

タナカホームは八戸市で初めて、“高断熱・高気密の家づくり”先進の技術や設備を導入し、

その後も、耐久性と省エネ性を追求し自社独自に「ベスト工法」を開発し、

青森県内初の「木造住宅合理化システム認定」を取得するなど、研究を重ねてきました。

そして近年”光熱費軽減のオール電化の家”が注目されるようになり、

「次世代型オール電化の家」を開発しました。

そして2020年

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」

5年連続受賞

「HIRAYA」「ピタリエ」優秀賞を受賞

さらに省エネ住宅優良企業賞もいただきダブル受賞となりました。

タナカホームは今後も、耐久性と省エネルギー性、環境負荷削減の推進をさらに追求し、

お客様の安心と幸せづくりのお手伝いをさせていただけたらと思っております。

今後ともよろしくお願い致します。