公式ブログ

公式ブログ

はじめての土地探し 傾斜地ってあり?なし?

122views

アイキャッチ

こんにちは!
八戸市の工務店タナカホームです。
今回は、『傾斜地』についてのお話をしたいと思います。

文字だけを見るとあまり良い土地とは思えないですよね…
傾斜地とはその名の通り、
傾斜のある土地、つまりななめに傾いている土地の事です。
一見、住宅を建てる土地としては不向きに感じられますが、
意外と掘り出し物もあるかも…?

今回はそんな傾斜地について、
メリット・デメリットをご紹介します!
土地探しの参考にしてみてください!

メリット
①土地の安さ
傾斜地は平たい土地より人気が低いため、
一般的に土地代が安価な場合が多いです。

②採光
傾斜地の場合、目の前を遮る建物が少ないため、
家を建てても光が遮られません。
自然採光で室内が明るい家づくりが可能となります。

③傾斜を利用した家づくり
傾斜があるため、平らな土地とは違った家づくりが出来ます。
例えば、自ずとできる地下部分に
ビルトインガレージを設けることなどが可能となります。
一般的な住宅づくりとは違った楽しみが味わえますね!

それでは、次にどんなデメリットがあるのかも見ていきましょう。

デメリット
①地盤改良費
傾斜地の地盤が緩ければ、その上に家を建てることができないため、
まずは地盤改良が必要になります。
土地自体が安く購入できても、土地の改良で多額の費用が必要になるケースもあります。
▸安いからと言って安易に飛びつかず、土地の状態を事前に確認しておくことが大切です!
地盤の安全性を確認するためにも、地盤調査は必ず行うようにしましょう。

②斜面の崩壊リスク
土砂災害のおそれのある区域は、国土交通大臣の基本指針に基づき、
各自治体が区域を指定しています。
▸気になる土地が指定区域に含まれていないか、
各自治体のHPを必ず確認しましょう。

③雨水のリスク
傾斜の下のほうの場合、雨水が流れ込んでくる可能性があります。
また、雨水の逃げ場がなく、建物の劣化につながる恐れがあります。
▸傾斜地の下の方を検討している方は、必ず担当者に相談しましょう。

傾斜地は、土地が安い、自然採光の明るい家、傾斜を利用したお家づくりなど
さまざまなメリットがありますが、地盤の改良など傾斜地ならではのリスクもあります。

メリットを最大限に活かすためにも、事前調査をしっかりと行い、リスクを回避しましょう。

タナカホームでも土地相談を行っております。
この土地どうなの?このエリアの土地を探して欲しいなど
ご相談ございましたらお気軽にお問合せください。

各種相談はこちらから

見学会・イベントへのご参加はこちらから

カテゴリー: 公式ブログ

注文住宅の施工事例を見る