公式ブログ

住宅ローン①頭金を入れるVSフルローン

こんにちは。八戸市のハウスメーカーのタナカホームです。

今回は、住宅ローンについてお話をします。

住宅ローン頭金VSフルローン

昔からある質問で住宅ローンを組むときに、

頭金をいくらか入れた方がいいのか?それとも

頭金を1円も入れずにフルローンで銀行からお金を借りた方がいいのか?

という疑問です。

答え・・・その時代の金利によって違う

住宅ローン頭金VSフルローン

自分の親の時代、30年ぐらい前は住宅ローンの金利が4〜8%もありました。

今は1%以下です。

例えば、3000万円全額を固定でボーナス払いなしで35年フルローンで借りたとします。

30年前で金利が6%だったとします。

そうすると元利均等方式で毎月の支払いは171,056円になります。

これを現在の1%で計算すると毎月の支払いは84,685円になります。

倍以上違うことになりますね!

昔の人は(親の世代の人)は住宅購入時には頭金を必ず入れろと言います。

理由は、先ほどの計算でもわかるように、金利の高い頃を経験しているので、

利息を少しでも少なくするために頭金を入れるわけです。

ちなみに頭金を入れた計算もしてみましょう。

昔はよく、頭金を2割か3割を入れた方がいいと言われていましたので、

2割の600万円を頭金に入れたとします。

3000万円から600万円を引くので、2400万円を住宅ローンで組むことになりますね。

これを金利6%で同じく35年ローンだった場合は

毎月の支払いは136,845円になりました。

先ほどの171,056円に比べると約35000円も毎月の支払いが少なくなりましたね。

これが金利が高い場合に頭金を入れる理由です。

金利1%で頭金を入れた35年ローンの計算もします。

同じく2400万円を住宅ローンにします。

毎月の支払いは67,748円になります。

先ほどは84,685円だったので、17000円程やすくなりますが、

6%時の時ほどインパクトはありませんね。

また、金利6%の時の3000万円を35年フルローンにした時の総支払額はなんと、

71,844,078円!

つまり4180万円以上を金利分を支払うことになります。

それに対して

金利1%の場合の35年間の総支払額は

35,567,804円で、

550万円ちょっとの金利分を支払うだけでいいのです。

今は住宅ローン金利が一番安い

住宅ローン頭金VSフルローン

今、お金を借りるとした場合に、ローンでは住宅ローン金利が一番安いのです。

例えば、リフォームローンは平均金利2%です。

マイカーローンの平均は1〜3%です。

学資ローンは平均1〜3%です。

つまり、住宅ローンで頭金を使ってしまい、将来お金が足りなくなって、リフォームローンやマイカーローンや学資ローンを組むとそちらの方が金利が高いので、損をしてしまいます。

それよりも、住宅ローンで頭金を一切使わずにフルローンで組んで、その余ったお金で、車やリフォームを現金で使った方が得になります。

当然、金利が昔のように5%、6%にもなるようでしたら、住宅ローンに頭金を入れるのは賢い選択だと思われますが、今のような長期低金利が続く時代には、フルローンで借りることが賢い選択だと思われます。

当社には、ファイナンシャルプランナーのプロフェッショナルがおりますので、

詳しいお話を聞きたい方は是非、ご相談してみてはいかがでしょうか?

住宅ローンやお金について相談したい