公式ブログ

住宅ローン④住宅ローン減税と繰上げ返済について

こんにちは。八戸市のハウスメーカーのタナカホームです。

今回も前回に続いて、住宅ローンについてお話をします。

その中でも住宅ローン減税と繰上げ返済についての話をします。

住宅ローン減税とは?

八戸市・三沢市・十和田市で新築注文住宅ローン

まずは、住宅ローン減税とは何かを簡単に説明します。

簡単に言うと、ある一定件要件を満たしていれば、

年末の住宅ローン残高の1%が10年間戻ってくるという制度です。

例えば、年収400万円の人が基準を満たした

新築の家を3000万円住宅ローンで購入したとします。

1年目は3000万円の1%戻ってくるので30万円の予定ですが、

この人が所得税を30万以上払っていた場合に限ります。

所得税を20万円の場合は、20万円までが戻ってきます。

しかし、残りの10万円は翌年の住民税から引かれます。

年末の住宅ローンの残高から1%というのはあくまでも最大で1%なので、

所得税と住民税を合計しても1%未満の場合はその範囲内での減税ということになります。

因みに、来年以降は、住宅ローン減税を1%から0,7%に減らそうと

政府は検討していますので、注意してくださいね。

繰上げ返済とは?

八戸市・三沢市・十和田市で新築注文住宅ローン

繰上げ返済とは、毎月の返済とは別に、まとまった額を返済する方法です。

まとまった額を返済することで、毎月の返済額を減らしたり、

返済期間を短くしたりできます。

一般的には、繰上げ返済をどんどんしていったほうが、将来への不安がなくなり、

得した気分になりますが、果たしてどうでしょうか?

先ほど、住宅ローン減税が年末の残高1%が10年間続くと説明しました。

例えば、3000万円年末残高があれば、30万円戻ってきます。

翌年には、例えば、2900万円年末残高があれば29万円戻ってきますね。

3年間で300万円貯めたとして、300万円を繰上げ返済したとします。

そうすると、ローンの年末残高が減ることで、還付金が少なくなります。

つまり住宅ローン減税の恩恵を最大限受けるには、

10年間の減税期間が終了した時の方がいいのです。

繰上げ返済はしたほうがいいのか?

住宅ローン頭金VSフルローン

実はこの話は、前回に説明した住宅ローンの時に頭金を入れたほうがいいのか?

全額フルローンで借りたほうがいいのか?と理屈は一緒になります。

繰上げ返済をしたほういい時代は、頭金を入れたほうがいい時代と同じで

金利が高かった時には非常に有効な手段でした。

しかし、今では住宅ローンの金利が一番安い金利なのです。

溜まった現金を超低金利の住宅ローンの返済に使ってしまうことはもったいないのです。

いざという時に、現金が必要な時に、お金を借りようとしても、住宅ローンの金利よりも必ず高い金利で借りるはめになります。そう考えると、現金は温存しておいて、住宅ローンは最大限借りておくのが賢い選択になります。

当社にはお金や住宅ローンに詳しい、プロのファイナンシャルプランナーがおります。

詳しく話を聞きたいからは、下記よりお問い合わせください。

ご相談はこちら