公式ブログ

壁面を有効活用しよう!暮らしを豊かに彩るニッチな棚に注目

こんにちは、八戸市の工務店タナカホームです。

近頃、よく耳にするニッチ
ニッチとは、もともとフランス語で「巣窟」の意味があり、今は「すきま」という意味で幅広く使われるようになりました。
住まいにおけるニッチは、壁の厚みを利用して、一部にくぼみを造り、モノを収納するスペースを指します。

おしゃれな雰囲気の演出にぴったりなことから、玄関や、廊下、リビング、キッチン、トイレ、居室などさまざまな場所にニッチを設け、好きな小物を飾ったりするようになりました。空間の有効利用と機能性をアップする効果もあるほか、自分らしさを発揮することで住まいへの愛着をより深めてくれる効果もあります。

実は、タナカホームはこのニッチの有効性にいち早く気付き、多くのニッチを提案しています。

たとえば、「格納型ニッチ」

リモコンやスイッチをニッチの中にまとめて集中、スッキリ、機能的にした事例です。
そのほか、ニッチはいろいろな場所に造ることができます。

そこで、ニッチを造る際のポイントをご紹介しましょう。
先にお伝えした通り、壁の厚みを利用して作るため、必ずしも要望通りにいかないこともあります。ニッチの設置する場所や大きさなどは、住宅会社の担当者と確認しながら進めましょう。

偶然入ったお店のニッチやインテリア雑誌で見掛けたニッチが素敵で、「あんな風な家に住みたい」と思うことがありますよね。そんな時、写真を撮っておくと、家づくりの際に実現できる可能性があります。そのほか、ご要望のニッチがありましたら、お気軽にご相談ください。