公式ブログ

家を購入するタイミング

こんにちは。八戸市の工務店 タナカホームです。

今回は、家を購入するタイミングについて話をしたいと思います。

家を購入するタイミングを考えるには3つの流れを考える必要があります。

家を購入するタイミングはいつ?

1つ目は国の政策や法律の流れ

2つ目は住宅業界や住宅資材の流れ

3つ目は自分の人生や家庭の流れ

国は住宅や不動産について、世界や世の中の流れを鑑みて、

日本の政策として指針を決めていきます。

例えば、世界が環境に対して意識するようになり、

CO2が温暖化の原因になっていると判断をすれば(世界の流れ)

CO2を削減していく取り組みが広がり、

日本もその流れに従うようになります(日本の流れ、国策)

その結果、住宅や不動産の政策として、

エコ住宅や優良住宅を推し進めるようになり(住宅業界の流れ)

減税、エコポイント、または違反に対する罰則などが

出来上がってくるわけなのです。

ただ、いくら世界や国や住宅業界が、

「エコ住宅に住みなさい!」と推進しても、

一個人が、「そうは言っても今の自分は住宅を買うタイミングではない」

となれば、それは自分にとってはベストなタイミングではないのです。

それでは、今回の場合はどうでしょうか?

国の政策としては、

2019年10月に消費税が8%から10%に上がったタイミングで、

2019年10月から2020年12月までに住宅を購入した人は、

特例として住宅ローン控除期間が13年間に延長されました(通常は10年間)。

また、コロナの影響により、

当初は2020年10月に終わってしまう13年という特例が、

さらに2021年9月までに契約をして、

来年末までに入居すれば、延長が認められることになりました。

つまり、通常の住宅ローン控除10年間→特例13年間という期間は

2021年9月末までに契約すること

によって、恩恵を受けるということなのです。

これが、先ほどに説明した

一番目の理由国の政策や法律の流れです。

また、最近はニュースで話題のウッドショックです。

海外からの木材が日本に入りづらくなったことによって、

木材が高騰しているということですが、

木材が高騰すれば、必然的に住宅価格も高騰します。

国内で見れば、すでに価格を上げているハウスメーカーもあれば、

とりあえずはまだ在庫対応して据え置きのハウスメーカーもあります。

これが、

二番目の理由の住宅業界や住宅資材の流れになります。

この①②を見たら、今は間違いなく家を購入するタイミングになります。

ただ、先ほども言いましたが、最終的には

③自分たち家族が家を購入するタイミングかどうか?

も大事な要素になります。

家族のライフイベントのタイミング的に買うタイミングであれば、今回は

3つの要素が揃うので、間違いなく買うタイミングになります。

ただ、今の家族の状況では買うタイミングではないと思うのでしたら、

急ぐこともないでしょう。

タナカホームでは、いつが買い時なのかの勉強会を無料で開催しています。

気になる方は是非参加して見てください。

建て時セミナー八戸店 参加申込み 無料

建て時セミナーおいらせ店 参加申込み 無料