公式ブログ

当社のモットー「家づくりは幸せづくり」に込めた想い

こんにちは、八戸市の工務店 タナカホームです。

中国の孟子の言葉に「居は気を移す」があります。

「環境や場所が人に多大なる影響を与える」という意味で、その最たるものが「家」と言えるでしょう。

とはいえ、マイホームは、多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。「環境がよくない」「失敗したから引っ越そう」などと、そう簡単にいかないものです。

そこで当社は、お客様が人生を賭けて建てようとする家への熱い想いに応えようと、

8年ほど前から「家づくりは幸せづくり」をモットーに、日々活動をしています

・「家づくりは幸せづくり」に込めた想い

【長く住み続けられる幸せ】

かつての家は、建ててから30年ほど経てば、壊して建て替えるのが当たり前でした。そうすると家の建築費用をどの世代も負担しなければなりません。

「耐久性があり100年持つほどの頑丈な家を建てれば、子、孫の代まで3世代にわたって住み続けられるはず」との考えから、当社が始めたのが「3世代に渡って住み続けられる家づくり」です。

【冬暖かく、光熱費を抑えられる幸せ】

当社は八戸市で初めて先進技術と設備を導入した「高気密・高断熱の家づくり」に着手しています。加えて、耐久性と省エネ性を追求し自社独自に「ベスト工法」を開発し、青森県内初の「木造住宅合理化システム認定」を取得るなど、研究を重ねてきました。光熱費を抑える「オール電化の家」にも先陣を切って取り組み、現在は「次世代型オール電化の家」を開発しました。

価格以上の価値を感じる幸せ

高気密、高断熱、耐震性などの住宅性能に加え、多くの最新の設備機器を標準仕様にしたローコスト住宅はコストパフォーマンスの高さが魅力。しかも支払いは「家賃並み」を実現しています。そのため、ファイナンシャルプランナーによる綿密な資金計画を行っています。

私たちはこれからも「家づくりは幸せづくり」をモットーに、幸せな住まいづくりのネットワークを拡げていきます。