公式ブログ

公式ブログ

理想のキッチンを実現!キッチンの種類と特徴について

196views

アイキャッチ

こんにちは!

八戸市の工務店タナカホームです。

今回はシステムキッチンのお話をしたいと思います。

システムキッチンって何?
と聞かれるとなかなかうまく答えられない方もいるのではないでしょうか?
実際の意味ってなかなか知らなかったりしますよね。

システムキッチンとは…
シンク・コンロ・収納・作業台を組み合わせ
一枚の天板により全ての設備が一体化したキッチンのことを指します。
種類は大きく分けて、対面式キッチンと壁付キッチン(クローズキッチン)があります。

〇キッチンの設置位置〇

・全く壁面に接していないキッチン

アイランドキッチンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

アイランドキッチン
開放的で、キッチンの周りを動きやすく、
家族で一緒に並んで料理をする際も窮屈さは感じられないでしょう。
デメリットとしては、四方に空間をとるため
設置に広いスペースが必要となります。
また、手元が丸見えとなりますので
作業スペースの汚れなどが目につきやすくなってしまうかもしれません。

・キッチンの左右どちらかが壁に面しているキッチン

ペニンシュラの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
ペニンシュラキッチン
キッチンの左右どちらかが壁に面しているキッチンです。
ペニンシュラキッチンは対面式キッチン、壁付けキッチン
どちらにも配置することができ、
壁に面している分アイランドキッチンよりは
広いスペースを必要とせず、予算も抑えられます。
対面式キッチンにする場合、正面に高さ10〜15センチメートル程度の腰壁をつくり、
作業の手元や作業スペースを隠したり、水ハネを防ぐことができます。

〇キッチンの形状〇

キッチンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
I型キッチン
コンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンです。
比較的安価で種類が多く、省スペースで設置できるため
あらゆる家庭におすすめのタイプです。
注意点としては、一直線に並んでいる為
横幅を広くしすぎてしまうと、距離が長くなり
動線が悪くなってしまう恐れがあります。


L型キッチン
その名の通りキッチンをL字型に曲げ、
シンクとコンロ部分が直角に配置されたキッチンのことです。
L型キッチンはI型キッチンよりも大きいので、
存在感があり作業スペースがとりやすいです。
デメリットとしては、コーナー部分がデッドスペースになってしまうかもしれません。

キッチンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
セパレートキッチン
シンクとコンロを別々に分けた
対面キッチンと壁付キッチンのメリットを合わせ持ったキッチンです。
2人以上で作業する場合も、個々に十分なスペースを確保できます。
夫婦そろって調理をすることが多い家庭などに最適です。


一言で対面式キッチンといっても色々な種類があります。
それぞれのメリットデメリットを考え、
部屋の広さ、間取り、予算を確認し
ご自身のライフスタイルに最適なキッチンを選びましょう!
優先順位を決めると自分たちに合ったものを選びやすくなりますよ!
もっと詳しく聞きたい!という方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

各種見学会・相談会への参加はこちらから

カテゴリー: 公式ブログ

注文住宅の施工事例を見る