現場ブログ

北国の冬の救世主~第一種換気システム~

皆さまこんにちは。八戸市の工務店 タナカホーム 工務部工務課の扇田です。

今回のテーマは『換気』です☝

換気という言葉、今ではコロナウイルスの影響もあり、ニュースなどのメディアでも連日取り上げられ、今では世間に広く浸透しています。

そもそも、換気というのは空を入れえると書きます。住宅業界では昔から換気を重要視してきましたがそれはなぜでしょうか・・・?

住宅の高気密・高断熱化に伴い、生活用品や建材に用いられた化学物質・高い温湿度によって発生したカビやダニ、また暖房・給湯器などから放出される一酸化炭素・二酸化炭素・窒素酸化物などが室内を汚染し、それが原因で起こる健康被害を「シックハウス症候群」といいます。

このシックハウス症候群の対策として、建築業界では換気を義務化してきた経緯があります。

ここまでで換気の重要性はお分かりいただけたかと思いますが、ここからは弊社で標準仕様となっている

1種換気についてお話します。

近年まで一般的に使用されてきた3種換気というのは、排気は機械換気で強制的に行い、給気は給気口などから自然に行う換気方式です。

簡単に説明すると、外の気温が室内に入ってくるので、冬であれば外の冷たい空気がそのまま入ってきて、室内の暖房器具で温めた空気がそのまま外に出ていってしまうということです。

それに対し、1種換気というのは、給気・排気とも機械換気で強制的に行う換気方法です。

こちらは全ての空気を機械で制御し、外に出ていく空気から熱だけを取り出すことで、外の空気を室温に近づけた状態で取り入れることができます。

その他にも、フィルターを通過する際に外気の有害な物質を取り除くなどの効果もあります!

△リビングなどにある給気口

△各場所には排気口

△床下に隠れている本体

他にも1種換気のメリットはたくさんあるのですが、長くなってしまいますので今回はここまでにします😊

もし、ご興味をもっていただけましたら、続きは是非弊社ショールーム等にてスタッフから詳しく説明させていただきますので、お気軽にタナカホームまでお問い合わせください♬

コロナにもカビにも寒さにも負けない、安心・安全・快適な住まいを手に入れるために、家づくりの第一歩をタナカホームで始めてみませんか?