現場ブログ

屋根🏠

皆さまこんにちは!八戸市の工務店 タナカホーム 工務課の藤井です。

昨日は3年ぶりの皆既月食ということで、皆さま見ることはできましたか?

私が見ていた時は少し雲がかかっていましたが、月が欠けて全体が影に覆われる瞬間を何とか見ることができました🌕

次は12年後の2033年に見ることができるみたいです♬

さて本日は 屋根 についてお話させていただきたいと思います。

車を走らせていると色々な屋根を見かけます🏘

くの字型の切妻屋根、4方向に傾斜した屋根面を持つ寄棟屋根など、様々な形をした屋根があります。

その中でタナカホームでよく用いられている屋根が片流れという形の屋根です。

理由としては、太陽光が一番載るからです

他の屋根と違い、屋根のほぼ全面に載せることができるので電気料金を抑えることができますし、災害時でも太陽光の発電した電気は使えるので、困った時の強い味方になってくれます!!

また蓄電池と組み合わせると、太陽が出ていない時間も発電して貯めた電気を使うことができるので、さらに電気料金が安く済みますし、災害時も安心した生活を送ることができると思います。

今回はどうしてタナカホームでは片流れの屋根が多いか!?についてお話させていただきました!

お客様によっては、切妻屋根がいいなあ・・・下屋もつけて個性的な外観にしてみたいなあ・・・など

理想は様々あると思いますので、設計士に相談してみるのもいいかもしれません!

皆さまも周りの家々を観察して、自分好みの屋根を探してみてくださいね🏠

もっと詳しくお話を聞いてみたいと思った方は、是非タナカホームまで足を運んでいただけたら嬉しいです✨

今回は藤井が担当させていただきました😊