現場ブログ

設計士のワンポイントアドバイス〜Part4〜

皆さまこんにちは!

八戸市の工務店 タナカホーム🏠

工務部設計課の田中ひかるです。

前回のワンポイントアドバイスでは住宅の違いについて紹介しました🙌

今回はゾーニング・収納についてお伝えします!

プランニングを0から考えていくことはなかなか難しいことです🤔

そのためにイメージをつくっていくために重要となるのが『ゾーニング』です!

ゾーニング』とは、空間をテーマや用途に分けることです。敷地全体や周辺環境も考慮しながら、家の配置や庭など屋外スペースとの関係も含めてゾーニングしていくことが大切となります。

家の快適性や使いやすさに大きく関係するのが

収納』です!

収納の大きさや場所を考えていくことはプランニングにおいても重要なことです。

クローゼットやウォークインクローゼット、シューズクローゼット、階段下収納など様々な収納スペースがあります。

収納する物の量や大きさに見合った収納スペースを設けることはもちろん、そうした収納スペースから物の出し入れがしやすいような場所も考えていきましょう。

プランニングを進めていく上で部屋の大きさなどの寸法は欠かせません🙌

そうした寸法を適切なものにしていくこともポイントの1つです!

ほとんどの場合、敷地の大きさは限られており、家の大きさも自由に広げられるわけではありません。そうすると、1つの部屋を大きくすれば、それによりどこかの部屋が小さくなることになります。

また、廊下やキッチンの幅など人が行き来するような場所では、そこでの動作に無理がないような適切な寸法にしていくことも大切になります。

以上、ワンポイントアドバイスでした😊

満足のいく家づくりをタナカホームでしませんか?

家づくりについて相談したい!展示場を見てみたいなどございましたらお気軽にお越しください!