現場ブログ

設計士の家づくりワンポイントアドバイス

皆さん、こんにちは!

工務部設計課の田中ひかるです😊

今回は私がプランの工夫についてお伝え致していきます!

プラン作成にあたって大事なことはプランの配置です。

プランニングは敷地の広さや形、周囲の環境によって大きく左右されます。

しかし、発想次第で、その条件を上回る快適な住まいを実現することもできます✨

例えば、変形の敷地なら、その形状に合わせたプランをしたり、傾斜地にある場合は敷地の傾斜を利用して中2階を設けたり、玄関を2階にすることも考えられます!

また、南北に細長い敷地の場合、南側を広く開けるような長方形の家を建てるより、中庭などで建物に凹凸をつけることにより、日照面を増やし、建物の各所に十分に光が届く様にし、通風条件も同様に向上させるのもテクニックの1つです🙌

ただしその場合は、外観のバランスが難しくなることや建築コストがかさむなど、デメリットにもなる恐れがありますので、相対的に検討をする必要があります。

🚨プラン上での注意事項⚠️

①玄関正面のトイレ、洗面所の入口は避ける。

②階段の登り始め、終わり付近に外開きの建具を付けない。

③寝室と子供室が隣接する場合は収納で仕切る。

④廊下の暗さやリビングへのアプローチ環境に配慮する。

以上、プラン作成時のアドバイスでした😉

家づくりに興味がある!展示場を見てみたい!などありましたら、ぜひタナカホームまでお気軽にお問い合わせ下さい🙌

展示場の他にも完成現場見学会や多数イベントがありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか😊たくさんのご来場をお待ちしてます!

次回のブログもお楽しみに✨