現場ブログ

鉄筋について✨

皆さんこんにちは❗️

工務部工務課の夏堀です。

最近は釣り🎣に行けておらず海が恋しいです…💧

船🛥の上で見る朝日は最高ですよ!

今回は基礎の『鉄筋』についてお話しします。

建物の基礎は『鉄筋コンクリート』でできています。

鉄筋は引っ張る力、曲げる力に耐性があります。鉄板は曲げるとポキッ❗️と折れないですよね。グニャ~っと曲がると思います。フライパン🍳を丸める力自慢をテレビで見たことがあります。

コンクリートは圧縮(潰れる)力に強いです。ですが、細長い石は曲げるとポキッ❗️と折れてしまいます。

このように、それぞれ個々の材料ですが、一緒になることでお互いを補い、効果を発揮しますので鉄筋コンクリートが採用されています。

鉄筋工事の際に重要となるのは

かぶり厚さです。

かぶり厚さは鉄筋がコンクリートで保護されている厚さになります。

かぶり厚さが不足していると、コンクリートの表面から受ける二酸化炭素や塩化物が原因でコンクリートにヒビが発生してしまう場合があります。

かぶり厚さの確認を含め、現場では作業員と現場監督で検査を行い、問題無いことを確認しています。

検査が終わり、全体写真を撮影したところです。

きれいに組立ができました💡

鉄筋もたくさん入れれば良いというわけではありません。

鉄筋を3本も4本も束ねてしまうとコンクリートがくっつかないため、かぶり厚さが確保できず、割れやすくなってしまいます。検査基準に従い、正確に施工する必要があります。

そろそろ🔥暑い時期🔥に突入します。

名字の割に夏に弱い私ですが、暑さに負けず現場管理を頑張ってまいります‼️

展示場の見学も楽しいですが、工事中の現場も見学して頂ければと思います🏋️

ぜひ来てください🌟