公式ブログ

地鎮祭や上棟式などの家づくりセレモニー、みんなどうしてるの?

こんにちは、八戸市の工務店 タナカホームです。

家を建てる際、昔から工事の安全を祈願して行われている儀式に「地鎮祭」や「上棟式」があります。耳にしたことがあるものの、どのように行うのか、よくわからないのではないでしょうか?

そこで、あらためて地鎮祭と上棟式についてご紹介します。

神主さんを招いての地鎮祭

上棟式のお供えの例

地鎮祭とは
地鎮祭とは、建築工事着工に先立ち、土地の神様を鎮め、工事の無事を祈願する儀式のことです。
建築現場に祭壇を設け、お酒や御供物を供え、結界を張ります。その中で神主が施主と工事の関係者のお祓いをします。施主が土地に鍬を入れる、「鍬入れの儀」を行います。

上棟式とは
家の柱や梁を組み、屋根の下地ができた段階で行うのが一般的です。「建前(たてまえ)」ともいい、「餅まき」をする地域もあります。上棟式は儀式というより、職人さんをもてなすという意味合いが強くなりま

古式豊かな地鎮祭の例

上棟式は職人さんにとっても感動の儀式

昔ながらのやり方だと、事前の準備も必要で、当日も一日掛かり。職人さんたちのご祝儀や食事、お酒、上棟式の場合は餅撒きなど、10万以上は優にかかります。
古き良き伝統の儀式ではあっても、経済的な負担が必要になるので、行わない人もいます。

しかし、施主様の中には地鎮祭と上棟式を行いたいという方も多くいます。

その理由としては、
一生に一度のことだからしっかりやりたい。
安全祈願のため、行うことで安心できる。
お世話になる大工さんや工務店に感謝の気持ちを伝えたい。

そこで、タナカホームでは簡素で経済的な負担を抑えたスタイルでの「地鎮祭」「上棟式」もご提案しております。

地鎮祭も上棟式も必ずしも「こうしなければ」といった決まりはありません。大切なのは気持ちです。安全祈願のために、ある程度基本を押さえながら、自分たちでできる範囲で行うというのも一つの方法と言えるでしょう。もちろん地鎮祭や上棟式を行う場合は、私たちがしっかりサポートさせていただきますので、ご安心ください。